Unknown Material

30分で書けること。

--/--/--   スポンサーサイト : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

2008/04/29   黄昏色の詠使い Ⅲ アマデウスの詩、謳え敗者の王 : ライトノベル関連


アマデウスの詩、謳え敗者の王 (富士見ファンタジア文庫 174-3 黄昏色の詠使い 3)アマデウスの詩、謳え敗者の王
(富士見ファンタジア文庫 174-3
黄昏色の詠使い 3)

(2007/07)
細音 啓

商品詳細を見る

◇内容

「なぜ、夜色名詠でなければならなかったのか。
 ──君は考えたことがあるかね?」


人を石化することの出来る灰色名詠。
ケルベルク研究所を襲った犯人が
トレミア・アカデミーに侵入してしまう。
”名も無き敗者”を名乗る彼の意図とは…。

◇特徴
黄昏色の詠使い イヴは夜明けに微笑んでの続巻(第三巻目)。

◇レビュー ★★★★☆(4/5)
伏線が繋がり、さらに広がっていく重要な起点となる巻です。
今まで前提としてきた事に疑問が投げかけられ始め、
この先どのような真相が待ち受けるのか楽しみです。
また、ケルベルクでの事件の犯人の登場で
これまでとは少し空気が変わってきます。
どことなく不穏で緊張感がありました。
登場人物同士の繋がりも素敵で良かったです。
1、2巻を読んで気に入った方にオススメです。

◇関連
黄昏色の詠使い イヴは夜明けに微笑んで
黄昏色の詠使い Ⅱ 奏でる少女の道行きは
スポンサーサイト


コメント

ナビゲーション

カテゴリー
 ライトノベル関連 (54)
 漫画・アニメ関連 (1)
 コンピューター関連 (29)
 テンプレート (5)
 Unknown式C言語入門 (9)
 大学生活・雑記 (35)
 製品レビュー (2)
  →  このブログについて
  → 過去レビュー 一覧
アクセス数
   

プロフィール

  プロフィール画像(レニウム)
 ◇ レニウム
   詳しく見る。

相互リンク

マクロミルへ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。