Unknown Material

30分で書けること。

--/--/--   スポンサーサイト : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

2008/05/02   バッカーノ!1931 鈍行編/急行編 : ライトノベル関連


バッカーノ!1931 鈍行編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫)バッカーノ!1931 鈍行編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫)
(2003/08)
成田 良悟

商品詳細を見る
バッカーノ!1931 特急編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫)バッカーノ!1931 特急編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫)
(2003/09)
成田 良悟

商品詳細を見る

◇内容

「そう、この法則は東洋では確かこういうらしい!えーと、『そういうお前を───」
  「───わしゃ食った』だよ!」


仮装強盗、不良、テロリスト、殺人狂。
善からぬ者達が、それぞれの善からぬ目的をもって
1つの列車「フライング・プッシーフット」に乗り合わせてしまい…。

◇特徴
バッカーノ!―The Rolling Bootlegs 」の続巻。
分冊ミステリー。
鈍行編で一通りの状況が説明され、
急行編で謎明かしが行われる。


◇レビュー ★★★★★(5/5)
「The Rolling Bootlegs 」が面白かったので読んでみました。
ミステリー要素も付加され、
前作以上のボリュームに大満足でした。
鈍行編だけでも十分”バカ騒ぎ”が楽しめるのですが、
急行編を読んだ後の爽快感は素晴らしかったです。
隠されていた事実がとても強烈でした。
あと、前作に登場した”アイザックとミリア”が
今回も大活躍しています。
この2人を中心とした会話も最高です。
前作が楽しめた方、
ミステリーが好きな方にオススメです。

◇関連
バッカーノ!―The Rolling Bootlegs
スポンサーサイト


コメント

ナビゲーション

カテゴリー
 ライトノベル関連 (54)
 漫画・アニメ関連 (1)
 コンピューター関連 (29)
 テンプレート (5)
 Unknown式C言語入門 (9)
 大学生活・雑記 (35)
 製品レビュー (2)
  →  このブログについて
  → 過去レビュー 一覧
アクセス数
   

プロフィール

  プロフィール画像(レニウム)
 ◇ レニウム
   詳しく見る。

相互リンク

マクロミルへ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。