Unknown Material

30分で書けること。

--/--/--   スポンサーサイト : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

2008/05/05   ある日、爆弾がおちてきて  : ライトノベル関連


ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)
(2005/10)
古橋 秀之、緋賀 ゆかり 他

商品詳細を見る

◇レビュー ★★★★☆(4/5)

──一九四×年八月六日の、十一時五十九分五十九秒。
 それが原ミチ子の”今”なのだった。


時間をテーマにした短編物語。
それぞれの話で生きる時間軸が異なっている、
男女の不思議な出会いが書かれています。
話ごとに扱う”時間の流れ”が異なり、
こうもバリエーションを膨らませられるのかと感心しました。
死んで”止まってしまった時間”や、
ひょんなことから”遡ってしまう時間”
などいわゆる時間モノを存分に楽しめることが出来ます。
中でも「むかし、爆弾がおちてきて」というのは好きでした。
ほとんど時間の流れのない空間に閉じ込められた少女
との出会いの話です。
短編じゃちょっと物足りないくらい素晴らしい話でした。
時間モノが好きな方、
少し切ないけど良い話を読みたい方にオススメです。

◇補足
一巻完結。

※実験的にレビューの方式変えてみました。
 どっちの方がいいんでしょうか…?
スポンサーサイト


コメント

ナビゲーション

カテゴリー
 ライトノベル関連 (54)
 漫画・アニメ関連 (1)
 コンピューター関連 (29)
 テンプレート (5)
 Unknown式C言語入門 (9)
 大学生活・雑記 (35)
 製品レビュー (2)
  →  このブログについて
  → 過去レビュー 一覧
アクセス数
   

プロフィール

  プロフィール画像(レニウム)
 ◇ レニウム
   詳しく見る。

相互リンク

マクロミルへ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。