Unknown Material

30分で書けること。

--/--/--   スポンサーサイト : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント


   西由記 | URL |  05/08 09:06 - 編集 -

なるほどなぁ。
文庫でもとりわけラノベは表紙が目立つように綺麗なぶん
キズが目立ちますからねぇ
かといって紙のカバーだと整理の時不便ですしね
ちょっと試してみます



2008/05/07   文庫(ラノベ)保護 : ライトノベル関連


ライトノベルや文庫本の表紙は気づかないうちに汚れていきます。
主に本同士の擦り傷やちょっとした手の汚れなどだったりするのですが。
その程度なら気にならないというのならいいのですけど、
折角買った本なのだから綺麗な状態を維持したいものです。
そこで自己流のライトノベル(や文庫本)の保護法を紹介しておきます。

使うものはこれ↓と透明度のあるセロハンテープです。
IMGP0133.jpg
100円ショップ”キャン★ドゥ”で売っている文庫用の保護フィルムです。
9枚入り100円。
上のように2種類ありますが、オレンジのパッケージの方が良いです。
微妙な違いしかありませんけれど。
アニメイトで文庫を買っても似たようなのが付いてきますが、
個人的には100円ショップの方が好きです。
素材は安っぽいのですが、厚みがあるので扱いやすいからです。
これを使うことで、表紙が見えたままの状態で保護することが出来ます。
ただこのフィルムには欠点があって、サイズが合わないのです。
上下に作られたゆとりが大きいためすごくはみ出ます。
最初買ったサイズを間違えたかと思ったくらいです。
これでは折角フィルムを付けた意味がありません。
そこでぴったりになるように細工をします。
IMGP0134.jpg
まずは説明通り取り付けていきます。
ここでは表紙側を糊が無いほうにして取り付けています。
IMGP0135.jpg
ぴったり貼るコツを言うなら、
まず糊のテープを剥がさずに、本を”閉じた”状態でピンと張るように折ります。
折ったら爪で折り目をしっかりつけます。
IMGP0139.jpg
その折り目を持ったまま背表紙を開き、
フィルムを引き下ろす感じで抜く取ります。
IMGP0141.jpg
ここまでが普通の使い方です。
見れば分かる通り余りが多いです。
これからその余りを細工します。
IMGP0143.jpg
まずは余りの部分を全部本の下(オビ側)に持ってきます。
上よりも下のほうがいい理由は後で分かります。
この時、背表紙側のフィルムが重なった部分が邪魔なので
テープで一体化させます。
写真のようにテープ(透明度の高いもの推奨)を貼り、
テープを折ってフィルム同士をくっつけます。
IMGP0144.jpg
こんな感じです。
IMGP0145.jpg
次からがちょっと(説明の)難易度アップです。
折り紙の要領で余分な部分を折り込んでいきます。
表紙、裏表紙の淵に合わせて両側とも折り込ます。
折り終わったら爪でしっかり後を付けます。
IMGP0146.jpg
折り込む際に本の背の部分にシートが余りますが、そこは放置でかまいませんが、
極力余りを減らすよう折込を上手くやってください。
下側に合わせた理由はここにあって、
この余りのお陰で本を立てた状態でも本が傷みにくくなります。
IMGP0147.jpg
IMGP0149.jpg
そうしたら表紙、裏表紙の折り込んだ部分を写真のようにテープで止めていきます。
表紙側は本にテープを付けないよう位置に注意してください。
IMGP0150.jpg
以上で完成です。
慣れれば30秒程度で取り付けられます。
フィルムを外す場合は、逆の順序をたどってください。
本を大切に扱いたいという方は是非やってみてください。

スポンサーサイト


コメント


   西由記 | URL |  05/08 09:06 - 編集 -

なるほどなぁ。
文庫でもとりわけラノベは表紙が目立つように綺麗なぶん
キズが目立ちますからねぇ
かといって紙のカバーだと整理の時不便ですしね
ちょっと試してみます



ナビゲーション

カテゴリー
 ライトノベル関連 (54)
 漫画・アニメ関連 (1)
 コンピューター関連 (29)
 テンプレート (5)
 Unknown式C言語入門 (9)
 大学生活・雑記 (35)
 製品レビュー (2)
  →  このブログについて
  → 過去レビュー 一覧
アクセス数
   

プロフィール

  プロフィール画像(レニウム)
 ◇ レニウム
   詳しく見る。

相互リンク

マクロミルへ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。