Unknown Material

30分で書けること。

--/--/--   スポンサーサイト : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

2008/05/13   世界の中心、針山さん  : ライトノベル関連


世界の中心、針山さん (電撃文庫)世界の中心、針山さん (電撃文庫)
(2005/10)
成田 良悟

商品詳細を見る

◇レビュー ★★★★★(5/5)

あの針山って男の存在自体が──
 俺が今まで扱った一番奇妙な【事件】だ。


バッカーノ!で有名な成田良悟の短編連作です。
所沢市を中心に数々の騒動が起こるのですが、
そのそれぞれに針山真吾という人間が顔を出します。
果たして彼は何者なのか?みたいな内容です。
4部の短編に分かれていて、
「としれじぇ」     ジャンル《都市伝説》
「魔法少女893号」  ジャンル《魔女っ子》
「拝啓、光の勇者様」  ジャンル《デンセツノユウシャ》
「奇跡の中心、針山さん」ジャンル《メドレー》
上3つがばらばらの騒動、最後の1つでそれぞれが
針山さんを中心にリンクし始めるという構成になっています。
3つを短編として読んでもボリュームがあって十分楽しめるのですが、
(特に「魔法少女893号」はお気に入りでした)
最後につながっていく様子がこれまた上手くて感動しました。
バッカーノ!並みのドタバタ感がこの作品にも健在しています。
結局針山さんが何者なのか語られないのが気になりますが、
2巻があるようなのでそちらに期待します。
バッカーノシリーズが好きな方、
感動できる短編が読みたい方にオススメです。

◇補足
2巻まで出ています。

◇関連
バッカーノ!―The Rolling Bootlegs
バッカーノ!1931 鈍行編 / 急行編
スポンサーサイト


コメント

ナビゲーション

カテゴリー
 ライトノベル関連 (54)
 漫画・アニメ関連 (1)
 コンピューター関連 (29)
 テンプレート (5)
 Unknown式C言語入門 (9)
 大学生活・雑記 (35)
 製品レビュー (2)
  →  このブログについて
  → 過去レビュー 一覧
アクセス数
   

プロフィール

  プロフィール画像(レニウム)
 ◇ レニウム
   詳しく見る。

相互リンク

マクロミルへ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。