Unknown Material

30分で書けること。

--/--/--   スポンサーサイト : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

2008/06/03   画面の保存方法 : コンピューター関連


プリントスクリーン キャプチャ スクリーンショット 保存
画面の情報をそのまま取っておきたい時ってありますよね。
パソコンの操作が分からなくてメールで聞きたいときとか、
ブログでパソコンに関する話題を書いてみたいときとか、
プログラムが上手く動いた記念に保存しておきたいときとか
コンピューターを使っているといろいろあると思います。
そんな場合のために画面を保存する方法を紹介してみようと思います。
(俗に言うスクリーンショット、キャプチャの方法です。)


-- ◇ 画面の保存方法 の続き --

画面を画像として保存する方法は幾つかあります。
Windowsに最初から備わっている機能を使って保存する方法と、
専用のソフトをインストールして使う方法です。
専用のソフトを使えば自動で保存してくれたり、
動画として保存できたりとなにかと便利です。
しかし、頻度としてそう多くもないでしょうし、
ここではインストールなしで手軽に出来る方法を説明しようと思います。
やり方は凄くシンプルです。
まずキーボードの中からPrintScreenというキーを探して押します。
※”PrntScrn”とか"PS"というように略称となっている場合が殆どです。
 ”P”と”S”を目印に探してください。

以上で準備完了です。
何が起きたのか分からないと思いますが、
これだけで画面が画像として使えるようになっています。
付属のペイントのような画像が扱えるソフトを起動して、
”貼り付け”をしてください。
(ペイントであれば上部から編集>貼り付けで出来ます。)
すると先ほどPrintScreenを押した時点での画面の様子が
画像として表示されます。
あとは縮小したり切り取ったりして好きなように保存すれば完了です。
なお、貼り付けはWordみたいなソフトでも可能ですので、
印刷物に画面の情報を組み込みたい時にも使えます。

これだけで十分画面の保存は対応できるはずです。
しかし特定のウインドウだけを保存したい場合、結構不便です。
貼り付けると画面全体がコピーされてしまいますし、
特定の箇所を切り抜く必要が出てきます。
そこで便利な方法があります。
欲しいウインドウが前面に出ている(=アクティブな)状態で、
Altキーを押しながらPrintScreenです。
(Altキーはスペースの近くを探せばすぐに見つかるはずです。)
これをやることで特定のソフトの情報だけをコピーできます。

それでもリサイズや保存が面倒くさいという方は、
専用ソフトの導入を推奨します。
printscreenを押す度に自動で保存してくれる
機能が付いているのが殆どですのでよく使う方には最適です。
詳しい紹介はしませんが、
KIOKU
あたりのソフトが初心者でも使いやすくてオススメです。

スポンサーサイト


コメント

ナビゲーション

カテゴリー
 ライトノベル関連 (54)
 漫画・アニメ関連 (1)
 コンピューター関連 (29)
 テンプレート (5)
 Unknown式C言語入門 (9)
 大学生活・雑記 (35)
 製品レビュー (2)
  →  このブログについて
  → 過去レビュー 一覧
アクセス数
   

プロフィール

  プロフィール画像(レニウム)
 ◇ レニウム
   詳しく見る。

相互リンク

マクロミルへ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。