Unknown Material

30分で書けること。

--/--/--   スポンサーサイト : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

2008/06/06   無線式 : コンピューター関連


無線式マウス
マウスの調子が悪いです…。
四月に買った無線式のものです。
それまではノーパソ内臓のタッチパッドを使っていたのですが、
スクロール関連が不便なので、マウスを買う事にしました。
折角なので、無線式のものを選んでみたのですが、
どうやらこれが仇になりました。
コードが無い分、マウスが自由に動けていいのですが、
そのかわりいろいろな欠点があります。
今回の不具合も無線式ならではのものでした。

まず無線で動くためにはマウス自体に電力が必要です。
電気は無線で飛ばせませんから、とうぜん電池を内臓することになります。
(電磁気を使って非接触でも電力を供給することは出来ますが、
それにはマウスパッドに仕掛けが必要だったりします。)
これに関しては、充電機能付きのマウスを選び、
さらに予備用の電池(エネループ)を買って備えていました。

これで無線式マウスを不自由無く使えると思っていたのですが、
もう1つ思わぬ落とし穴がありました。
それは無線のチャンネル設定です。
大抵の無線機器には混線防止のためにチャンネルを持っています。
もしそれが無いと、同じ無線マウスを買って来ると、
2台のパソコンでそれぞれを使うことが出来なくなってしまいます。
マウスだけに限らず、近くに似た周波数の無線を使う機器があれば
混線し、誤作動を起こしてしまいます。
それを防ぐために、機器を使う際にはチャンネルを設定する必要があるのですが、
これがなかなかの曲者でした。
アナログ的なスライドスイッチで無線の設定ができればいいのですが、
誰でも簡単に使えるようにとワンタッチで出来るようになっていました。
これだと、マウスのスイッチを切るたびに設定がリセットされてしまいます。
つまりパソコンを起動したらまずマウスの設定をする必要がある訳です。
マウスとレシーバー双方のボタンを押すだけですので、
慣れてくれば大丈夫だったりもするのですが、
この機能が元で不具合が発生してしまいました。
マウスの使用中にチャンネルが変わってしまうのです…。
マウス操作中に突然反応が止まってしまい、
設定をし直すまで全く動きません。
最初は電池切れとか設定スイッチを誤って押しているのかと
思っていたのですが、状況・頻度からしてどうも違うようです。
ブラウジング中くらいだったらマウスの再設定くらい苦にはならないのですが、
課題で作業中だったりすると流石にイラッときます。
最近では再設定を要する頻度も多くなってきましたし、
そろそろ買い替えを検討する必要が出てきました。
ホイールボール付きの使いやすいマウスだったのに残念です。

スポンサーサイト


コメント

ナビゲーション

カテゴリー
 ライトノベル関連 (54)
 漫画・アニメ関連 (1)
 コンピューター関連 (29)
 テンプレート (5)
 Unknown式C言語入門 (9)
 大学生活・雑記 (35)
 製品レビュー (2)
  →  このブログについて
  → 過去レビュー 一覧
アクセス数
   

プロフィール

  プロフィール画像(レニウム)
 ◇ レニウム
   詳しく見る。

相互リンク

マクロミルへ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。