Unknown Material

30分で書けること。

--/--/--   スポンサーサイト : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

2008/06/20   高速デフラグでメンテナンス : コンピューター関連


デフラグ AusLogics Disk Defrag
AusLogics Disk Defrag -窓の杜
高速でデフラグ(断片化の解消)が行えるソフトの紹介です。
デフラグというのは、コンピューターのメンテナンスの一種で、
ハードディスク上に散らばった(断片化した)ファイルの整理を行うことです。
2~3ヶ月に1度この操作を行うことで、コンピュータの状態をいい状態で保てます。
パソコンが遅くなったとか感じるならまずやってみましょう。
デフラグはWindowsに標準で付いている機能でも可能ですが、
それだと相当な時間がかかってしまいます。
特に最近のハードディスクは大容量ですのでなおさらです。
そこでこのソフトを導入して簡単にメンテナンスを行う方法を紹介します。


-- ◇ 高速デフラグでメンテナンス の続き --

AusLogics Disk Defrag -窓の杜
まずはここからソフトをダウンロードします。
ダウンロードしたファイルを開き、Yesを連打するような形で進めばインストールが完了します。
(利用規約の画面では、「I accept…」の方を選べば先に進めます。)
インストールが無事終了すれば、デスクトップにアイコンが出来ているはずです。
そこからソフトを起動します。
デフラグしたいドライブを選んで進めば、デフラグが始まります。
あとは終了するまで待つだけです。
ピコピコ点が動いていますが、これはハードディスクのデフラグ状況を
可視化しているものです。処理が進むにつれ色が揃っていきます。
早いといっても5分以上はかかります。
ハードディスクが大きかったり、買ってからデフラグを一度もしたことが無かったりすると、
30分以上かかる場合があります。
Windows付属のデフラグだと1~2時間近くかかったりするので我慢してください。
デフラグ中は操作しないのが基本のようですが、
私は普通に動かしちゃっています。
ソフト自体が軽いので、他のソフトにあまり影響無く使えますが、
データにエラーが起こる可能性もあるのでそこは自己責任でお願いします。
デフラグが終わると、どれくらい最適化できたのか結果が表示されます。
尚、デフラグはあまりしょっちゅう行っても効果はありません。
それどころか、ハードディスクの寿命が縮んでしまいます。
ですので、パソコンの活用具合に合わせて適度なタイミングで行ってください。
よく使うのであれば1月に一度、
それ以外であれば最初に書いたように2~3ヶ月に一度、
ぐらいがベストなやり方だと思います。

スポンサーサイト


コメント

ナビゲーション

カテゴリー
 ライトノベル関連 (54)
 漫画・アニメ関連 (1)
 コンピューター関連 (29)
 テンプレート (5)
 Unknown式C言語入門 (9)
 大学生活・雑記 (35)
 製品レビュー (2)
  →  このブログについて
  → 過去レビュー 一覧
アクセス数
   

プロフィール

  プロフィール画像(レニウム)
 ◇ レニウム
   詳しく見る。

相互リンク

マクロミルへ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。